[寄付先団体の紹介 01]- Nā Kama Kai

[寄付先団体の紹介 01]- Nā Kama Kai

111-HAWAII PROJECTの寄付先団体 ナ・カマ・カイ

[寄付先団体の紹介 01] – Nā Kama Kai

ミッション

Nā Kama Kai (ナ・カマ・カイ:海の子どもたち)は、ハワイの価値観・文化・環境教育を通して、地域の青少年の能力、特に海洋の安全及び保護の認識を高めることを使命としています。

テーマ

Nā Kama Kai は、計り知れない海洋環境の価値と資産、その陸地との関係性を理解しています。すべての民族及び子どもたち(Keiki)は、海 (Kai) と陸 (ʻāina) を将来の世代のために守り、育てなければいけません。そして、海の生態系を管理する責任 (Kuleana) を負っていることを学ぶ必要があります。私たちが強く信じているモットーは、「Keiki Aloha Kai Aloha」 (愛される子供たち、愛される海)です。子どもたちは海への愛情を育むことにより、自らも成長します。彼らの成長とともに、海と自然環境の関係と責任 (Kuleana) が特別であることが伝承 (‘ōlelo no‘eau) されるでしょう。

ハワイのNPO団体 ナ・カマ・カイの活動1

活動内容
3つの主要プログラムで海と自然環境の保護を次世代へ繋ぐ

[Ocean Equipment Recycle Program]
中古のサーフボードやその他のマリンスポーツ用品をリサイクルし、必要とする子供たちにマリンスポーツ用品を与えながら、海の廃棄物による汚染を防ぐ活動を行っています。これらの活動を通して、子供たちが、Nā Kama Kai の活動に興味を持ち、将来参加するようになることを目指しています。

[Ocean Safety & Conservation Awareness Clinics]
2〜18歳の青少年たちが、イベント開催場所にちなんだハワイ文化を学んだり、伝統的な木製サーフボードを作成したり、専門家から海洋学を学ぶことで、海への前向きな想いを持つことを目指しています。また、ハワイの海洋文化や海洋生物に触れることで、海に対する愛情も育てています。プロのサーファー、ライフガード、消防隊員、海洋学者などとふれあうことで、海の安全への理解と環境意識を高めています。

[Alaka’i Mentorship Program]
7〜12年生の青年たちが、 陸・海の管理や保護について、1年間にわたり高い指導を受け、学ぶことができる長期プログラムを行っています。Polynesian Voyaging Societyの協力を得て航海技術を学び、NKK Clinicに参加することで海洋保護やリーダーシップを学びます。また、プロの海洋関係者と知り合うことで、海洋関係のキャリアをつむチャンスにも繋がります。

ハワイのNPO団体 ナ・カマ・カイの活動2

Nā Kama Kai
PO Box 240039 Honolulu, Hawaii 96824
Tel: (808)864-9164  Email: info@nakamakai.org
nakamakai.org

2014年12/10〜2015年12/31日までの本プロジェクト商品の売上の一部を寄付金として、上記団体「Nā Kama Kai」に寄付を実施予定です。寄付の実施と寄付金額については、2016年1月に本Webサイトとショールームで発表します。